ちょっと一言

ちょっと気になる事をコラムとして書き留めてます。気軽にご一読ください。

衣裳着雛人形・木目込み人形の違いは?

投稿日:2021年2月9日

衣裳着雛人形とは…

着物を幾重にも重ね着をした人形を衣裳着と言います。
着付けをする事でボリュームも出て、又胸元、袖口、裾の色の重なりで
美しさを表現し、華やかさが出ます。
この様に衣裳着の雛人形は十二単衣にみられる重ね着のお衣裳が
特徴的です。

木目込み人形とは…

ボディに溝状の筋を掘り、布地を木目込んでいきます。
近年は小ぶりな物が中心ですが
ひとつひとつ手描きされたお顔が上品で可愛らしく、
又、コンパクトにお飾り頂けます。
丸みを帯びたボディにしわが寄らない様に布地を木目込む技術は
熟練の技が必要とされています。